環境による問題

ブログカテゴリ:Tx 3.2



環境による問題 · 2016/12/28
■エラーと発生条件 ①今まで問題がなかったTPiCSを起動時に下記エラーの発生
環境による問題 · 2016/02/19
■状況と発生原因 Oracle 11gより、従来は無期限に設定されていたパスワードにデフォルトで180日間という期間が設定されるようになりました。 これを回避するためには、Oracleのインストール時にパスワードを無期限に設定しておく必要があります。 パスワードを変更しないままこの期間を超過すると以下の様なエラーが表示されます。...
環境による問題 · 2014/06/10
■エラーと発生条件 WindowsのUACが有効な環境で、TPiCSのインストール時にネットワークドライブ経由でDVDを実行すると、ご質問の現象が起きることがあります。 また、Windows8以降をお使いで、Windows Updateで更新プログラムが適用されて以降、それまで動作していたプログラムが同様の状態で起動しなくなったという報告があります。 ■回避手順...
環境による問題 · 2012/10/16
Windowsのセキュリティの設定により、他のコンピュータやインターネットからダウンロードしたEXEファイルを起動しようとすると、下記のようなメッセージが表示されることがあります。
環境による問題 · 2009/09/02
64bitOSで且つOracleデータベースを使用し、TPiCSをデフォルトのインストール先にインストールしたとき、エイリアスの接続時に下記のようなエラーが発生します。
環境による問題 · 2008/06/16
[負荷山積み]-[グラフ集計]を実行すると 、SQLエラーが発生することがあります。 ■発生条件と原因 [製造担当マスター]で「能力」がゼロ以外に設定された製造担当が、生産計画表に存在しないときに発生します。 Oracle11gリリース1(11.1.0.6.0)で集計関数を含むExistsを使ったUpdate文を実行した場合に、ORA-01407のエラーになるためです。 パッチセット適用後の11.1.0.7 及び...
環境による問題 · 2008/06/13
■症状 Txの起動がひどく遅くなった。 フォームを開く時間がかかるようになった。 Txが操作できない状態になる。 「TxServe.Logに書き込めない」のメッセージが表示される。 1つのクライアントを起動すると、他のクライアントが起動できない。 TxSeverでも「TxServer.Logに書込めない」やIOエラーが表示される。...
環境による問題 · 2006/03/06
■状況と発生環境 OSがWindows XPのとき、標準のビューアのままだとTPiCS-Xから画像ファイルを開くことができません。 TPiCS-Xで画像を表示させるには、以下の手順でEXEタイプのビューアへの変更を行ってください。   1.[コントロールパネル]-[フォルダオプション]-[ファイルの種類]で、「TIF」「jpg」などを選択  ...
環境による問題 · 2006/02/27
■状況と発生環境 2006年1月頃に、McAfee Managed VirusScan Plus AntiSpyware Ver 3.5.0.481を使用していて、TPiCS-Xのフォームを閉じるのに10秒ほど時間がかかるようになったそうです。 ■回避策 スパイウェア検索があると遅くなっているようです。 以下の手順でレジストリの値を編集してください。   1.[スタート]-[ファイル名を指定して実行]-[regedit]と入力してエンター。...

さらに表示する