· 

注文書や作業指示書のメール送信時にエラーが発生する現象について

■環境

・TPiCS-X Ver4.0,4.1

・現象を確認したExcelのバージョン

 EXCEL 2019,2016 バージョン「2203」

 

■現象

注文書などのメール送信時に下記のエラーが発生し、メール送信ができません。

 

【 エラーが次の処理で発生しました。 印刷処理 】

<エラー内容>

  インデックスが範囲を超えています。負でない値で、コレクションのサイズよりも小さくなければなりません。

 

  パラメーター名:index

 

■原因

EXCELのバージョン「2203」から、EXCELのPDF保存形式が内部的に変更になったことが影響しています。

タグ付きPDFからタグ無しPDFへExcelからのPDF書出しが変わりました。

 

■対策

2022/05/23リリース版(Ver4.0,4.1)にプログラム修正を反映する予定です。

修正が反映された最新リリース版への更新作業と、使用していたライブラリの変更に伴い、ファイルコピーまたはTPiCSの再インストールが必要になります。

 

■回避方法

バージョン「2202」ではエラーにならずにメール送信が行えることを確認しています。

以下の方法でEXCELの更新オプションを「更新を無効にする」設定にして、バージョンを「2202」に戻して回避してください。

 

①EXCELを起動して[ホーム]-[アカウント]を開き、「EXCELのバージョン情報」を確認し、「更新オプション」を”更新を無効にする”に変更する

 

②コマンドプロンプトを「管理者として実行」で起動し、

 

cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun

 

と入力、またはコピーしてEnterキーを押す

 

続いて下記のコマンドを入力、またはコピーしてEnterキーを押し、バージョン 2202 (ビルド 14931.20132)にバージョンダウンする

 

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.14931.20132

 

※バージョン番号についてはMicrosoftのページでご確認ください

 

上記を実行により、一つ前のバージョン 2202 (ビルド 14931.20132)へ戻す、更新プロラムのダウンロードとインストールが開始されます。

インストール後に上記が表示されたら、①と同じように「EXCELのバージョン情報」でバージョン 2202 (ビルド 14931.20132)になっていることを確認してください。