リモートソフトの操作手順

リモートサポートを行うには、サポートセンターからお伝えするセッションコードが必要です。

事前にサポートセンターに、リモートサポートをご依頼ください。

1.[スタート ISL Light Client]を押す

以下のオレンジ色の[スタート ISL Light Client]を押し、リモートソフトを実行します。

2.リモートソフトの実行選択

ブラウザーの下部に、実行、保存の選択が表示されるので、[実行]を押します。

お使いのブラウザーによって(FireFox等)は、選択画面が表示されず、直接保存されます。

ISL Light Client.exeファイルの保存後、エクスプローラーでダウンロード先フォルダを開き実行してください。

3.セッションコードの入力

実行すると、下図のようにリモートソフト(ISL Light Client)のセッションコード入力画面が表示されます。

サポートセンターからお伝えする、セッションコード(数字8桁)を入力し、[接続]をクリックしてください。

接続が開始されますので、オペレータの指示に従ってください。

サポートセンターの画面共有の場合