戦略型納期調整オプション

 

05/06/01更新

 

bullet

オプションシステム概要

戦略型納期調整オプションは、発注側の企業はTPiCS-X本体と戦略型納期調整オプションのホストプログラム、部品供給(ベンダー)側の企業はターミナルプログラムを使用します。
発注側の企業はTPiCS-Xで所要量計算をし、ホストプログラム経由で注文データをメール送信します。
ターミナルプログラムはそれを自動受信します。
ターミナルプログラム上で納期検討をし、納期を守れない(遅延する)注文があれば、納期変更願いを返信します。ホストプログラムは、複数のベンダーからの納期変更願いを自動受信します。
ここまでは、単に「注文データをWeb上で伝送する機能」ですが、

ここからがTPiCS-Xの真骨頂になります。
発注側企業は、受信した沢山の納期変更願いの可否を判断し、自身のお客様からの新しい注文や変更になった注文にも対応可能か否か判断しなければなりません。
戦略型納期調整オプションは、TPiCS-X本来のf-MRPの機能と組み合わせて使用し、所要量計算することによりその問題を同時に解決できます。
納期変更願いに問題があれば、それを見つけだしベンダーに再検討を依頼するか、あるいは自身のお客様に「納期変更をお願い」します。
TPiCS-Xのf-MRP計算は、“変動に対するバッファ”を持って計算するので、ベンダー側からの納期変更願い及びお客様からの受注の変動が“バッファの範囲内”であれば問題なしと判断し、“バッファの範囲”を外れたものだけがリストアウトされます。
ユーザーは出力されたリストを元に、ベンダー側に再検討を依頼するか、自身のお客様に「納期変更をお願い」するかを決めます。
“変動に対するバッファ”は、先行きの計算在庫に対し設定する「基準在庫」と、部品が納入されてから実際に使用されるまでの納入リード日数に設定する「納入リード日数の余裕」の二つを設定することができます。さらにターミナルプログラムは、一つの注文を複数回に分けて分納する計画として回答することも出来るので、発注側企業の計画を不必要に掻き回さない運用ができます。

ターミナルプログラムもTPiCS-X本体と連係して使用することが出来るので、部品供給側企業がTPiCS-Xも使用すれば、所要量計算を行い納期に問題がある注文を見つけだすことが出来ます。
さらに、ホストプログラムも使用することが出来るため、孫部品の供給状況を考慮しながら納期回答することが出来ます。
なおメールは通常のメール(POP3)を使用するので、簡単にシステムを構築できます。

 

bullet

ターミナルプログラムは無料です

@戦略型納期調整オプションのターミナルプログラムは、無料でお使いいただけるシステムです。
    TPiCS-Xのデモ版は、アイテムマスターの登録件数が50件以下の場合は全ての機能を
    実行することができますが、50件を超えるとターミナルプログラムとしての機能だけになります。
    つまり、ターミナルプログラムだけの場合は、所要量計算や製品構成表の登録、受注インプット、
  製番展開等ができなくなります。
   
  しかし、下記機能は無料でご使用いただけます
   ホストからの納期回答依頼データのメール受信と納期回答データのメール送信が出来ます。
   納期回答依頼データを受注データとして取込み、参照することが出来ます。
   マスター登録(アイテムマスター、製造担当マスター、単価マスター、作業時間マスター、

   在庫一覧、得意先マスター、売価マスター)をすることが出来ます。
   伝票データ作成と印刷が出来ます。
   伝票デザインをカスタマイズすることが出来ます。

 

Aターミナルプログラムの入手方法

    (1)TPiCS-Xデモ版を株式会社ティーピクス研究所に無料貸出のご依頼をいただく。    

        3週間の貸出期間を過ぎ、ご返却後もお使いいただくことができます。

    (2)ホストプログラムのユーザー様から配っていただく。

        ホストプログラムのユーザー様へは、1枚1,000円でお譲りいたします。

    (3)TPiCS登録SI様から入手いただく。

    (4)TPiCS-Xデモ版をご購入いただく(9,450円)。

 

Bターミナルプログラムのサポート

    ターミナルプログラムに関するサポートも、他のシステム(TPiCS-X等)と同じ扱いになります。

    詳しくはサポート規定(PDFファイル)をご覧ください。    

    ※PDFファイルはAdobe社のAcrobat Readerでご覧いただくことができます。

 

Cユーザー登録

    ターミナルプログラムのユーザー様も、ユーザー登録をすると、ユーザー様専用の

    ID・パスワードが発行され、

    (1)ホームページからマニュアルや最新版をダウンロードできるようになります。

    (2)無料でバージョンアップすることができるようになります。

    (3)TPiCSレポートを発送いたします。

 

    ユーザー登録はホストプログラムのユーザー様経由でお申し込みいただくか、

    ホストプログラムをお使い頂いているユーザー様名を指定してご登録いただきます。

  下記のユーザー登録用紙を弊社にお送り下さい。

    

 

bullet

価格、動作環境

価格
  ホストプログラム :525,000円
  ターミナルプログラム :無料 (^o^)
  f-MRPベーシックシステム:1,050,000円
  受注販売管理オプション :525,000円
  その他オプション :315,000円〜525,000円

動作環境
  ホストプログラム:
     TPiCS-X Ver3.1
     及びTPiCS-Xが動作する環境
     専用メールアドレス(POP3プロトコルの普通のメールアドレスでOK)


  ターミナルプログラム
     WindowsXP、Windows2000、WindowsNT
     専用メールアドレス(POP3プロトコルの普通のメールアドレスでOK)
     データベースはMSDEを使用できるため購入不要
     スタンドアロンで使用することも可能

 


Homeに戻る

Copyright(C) TPiCS Laboratory,Inc. All Rights