画像データについて

98/10/12 更新

Btrieve版TPiCSに新しく画像データ機能が追加されました。この機能は、デジタルカメラ等で撮影したJPEG形式のファイルまたはビットマップファイルを画像データとしてデータベースに追加するものです。まず、登録する画像データを用意してください。

bullet@ エイリアスの設定

TPiCSを起動させ、[ファイル]-[フォルダ(フォルダ)]-[画像データエイリアス]を開いてください。
ここで画像データのエイリアスを指定します。画像データは、[エイリアス]で指定しているデータベースと異なっていても構いません。データベースはParadox、MicrosoftAccess、Ms-SQLServerを使用することができます。
例えば、BtrieveやOracleを通常のデータとしてお使いの場合、画像のデータベースはParadox、MicrosoftAccessをお使いください。BtrieveやOracleは画像データのデータベースとして使用できません。
このように画像データのエイリアスは通常データとは別に、またクライアントごとに設定できるので、BDEAdministratorで画像データ用のエイリアスを工程ごとに設けて、各工程特有の画像データベースをつくることができます。
BDEAdministratorでのエリアスの作成方法は「Btrieve版TPICSをお使いいただくにあたって」をご参照ください。

bulletA 画像データ画面の説明

37画像データ画面を開いてください。テーブルがなければ、その旨メッセージが表示されますので作成してください。もしくは[ファイル]-[テーブル作成]で画像データを作成してください。以下はデータが登録されている状態です。

グリッド
コード:コードは必須項目です。まずコードをインプットして下さい。
名称:アイテムマスターに登録してある名称が表示されます。アイテムマスターに登録がない場合は「マスターなし」と表示されます。
ファイル名:読み込んだ画像データの元のファイル名です。

画像データ
登録された画像データが表示されます。JPEG形式およびビットファイルを読み込むことができます。

メモ欄
作業方法、注意事項など、自由に書き込むことができます。

bulletB レコードの登録

アイテムコードをグリッドにインプットしてください。 次に「登録」ボタンを押すと、ファイルを指定するダイアログボックスが表示されますので画像データがあるフォルダを開きファイル名をダブルクリックすると画像データとしてとりこまれます。 画像データを変更する場合は、グリッド上で変更したいレコードに移り、画像データのファイルをダブルクリックすると画像が置き換えられます。
他の画面のようにデータベースナビゲータの+ボタンを押して、画像データファイルをダブルクリックしてください。先にアイテムコードをすべて登録してから、後から登録パネルで画像データファイル名をダブルクリックし登録することもできます。[取込]ボタンを押すとアイテムマスターで絞り込んだデータを一括で画像データテーブルに取り込むことができます。すでに取込済みのデータがあり、重複する場合にはそのレコードに対するこの処理はスキップされます。

bulletC デモデータについて

TPICS-W、[、Jを標準インストールすると、画像データ用デモデータもインストールされます。デフォルトではC:\Program Files\TPICS\DEMO\PARA\ImageAbcというフォルダにParadox形式の画像デモデータがあります。エイリアス名はIMAGEABCです。このエイリアス名を[画像データエイリアス]で指定してください。
(*注意*)通常データがABCのデモデータではない場合、画像データのグリッドの名称欄に「マスターなし」と表示されますが画像データの登録や、他画面への影響は一切ありませんのでそのままデモデータをご使用下さい。

bulletD その他

画像データのサイズが大きいと、画像データの登録および、表示をするときに時間がかかります。このような場合は、ビットマップならペイントの[変形]-[キャンバスの色とサイズ]で小さなデータにして下さい。

bulletE画像データのデータベースとしてMS-SQLをお使いいただくにあたっての注意

[ファイル]-[フォルダ(エイリアス)]-[画像データエイリアス]でユーザー名にMS-SQLのシステム管理者であるSAを指定すると以下のような現象が起こることが確認されていますのでMS-SQLをお使いの場合は MS-SQL側で新しくユーザーを追加してお使い頂くことをお勧めします。

1. 37画像データ画面のグリット上でコードをインプットし、下矢印キーで登録すると登録したはずのデータが表示されない。
2.37画像データ画面の取込ボタンを押してアイテムマスターから一括してコードを取り込んだとき、「ユニークインデックスが付いていないためテーブルはこの操作をサポートしていません」というメッセージが表示される。

  TPiCS-Ezでは、別の設定方法になります。詳しくはTPiCS-Ezのマニュアルをご覧下さい。

 

 


Homeに戻る

Copyright(C) TPiCS Laboratory,Inc. All Rights